ためになる話をピックアップ

結婚をするときの流れについて

プロポーズをする、受けるなどして結婚を決めたら、一般的なその後の流れというものがあります。
まず、両家の両親にあいさつをしに行くカップルがほとんどです。
結婚というものは、当人たちだけの問題ではなく、家同士の行事でもあるわけですから、それぞれの家族に対して、新たに親族として加わるに当たってのあいさつというものは必要不可欠です。
あいさつに行く場合には、男性ならスーツで、女性なら清楚なワンピースなどを着ていくのが一般的で、ここで両親に結婚の承諾を得るカップルが多いです。
それが済んだら、結納があります。
最近では結納をするときに、レストランでの会食などで済ませてしまう場合や、結納自体を行わない場合もよく見られます。
結納は、簡単に行えるものから、数多くの品を用意して、伝統的な形式に沿って行われるケースなどさまざまありますが、その内容は地域によっても多少の違いが見られます。
結婚する相手が遠方の出身の方であった場合には、自分の地域の風習だけでなく相手の地域の風習もきちんと理解して、両家で結納の方法をうまく調整していくことが求められます。
それぞれのカップルによって順序はさまざまですが、その後は結婚式の準備であったり、引越しの準備をします。
結婚式と入籍の順序はどちらが先という決まりはありませんので、入籍を先にする方もいますし、もちろん結婚式を先にしたりもしくは両方同じ日に、といった方も多く見られます。
結婚式の準備期間は、招待状の発送などの関係からしても、どんなに短くても3、4カ月は必要になってしまいますので、行う日取りにこだわりがある場合には、早め早めの予約や準備をするようにしなければなりません。
このように一口に結婚と言っても、実際に結婚するまでにはやらなければならないことが様々にあります。
世の中のカップルたちはそれらをともに楽しみながら乗り越えて、めでたく結婚に至っているということができます。